コルテーゼのみを栽培するワイナリーのこだわりのガヴィ! 【カステッラーリ・ベルガーリオ】 サッルヴィ ガヴィ 750ml

2,700円(税込)

購入数
格付 ガヴィDOCG
ブドウ コルテーゼ
ピエモンテ州
平均樹齢 30年
醸造・熟成 ステンレスタンク 5ヶ月、瓶熟 2ヶ月
アルコール度数 12%
特徴 辛口、ミディアムボディ

ピエモンテを代表する白ワインといえば、やっぱりガヴィ。ステッラーリ・ベルガーリオ社は、 そのガヴィ、そして、そのブドウであるコルテーゼにこだわって、こだわってワイン造りを 行っているワイナリーです。 創業は、1979年。現当主マルコ氏のワイン造りに対する哲学、 それは・・・。
その1 伝統葡萄コルテーゼの可能性を追求すること。
その2 彼らの生まれ育った大地の土壌の個性を尊重すること
その3 4代に亘り培った経験の尊重と新しい栽培と醸造の技術の導入を図ること
これら3つの理念を尊重しガヴィの探求を続けています。

彼らのカンティーナの入り口には『ガヴィテカ』と記されたプレートがありガヴィに賭ける想いの 強さをうかがい知ることができます。 また、ステッラーリ・ベルガーリオ社のもうひとつの特徴はブドウ畑。 現在、2つの地域に分かれた、合計12haのブドウ畑を所有しています。
ガヴィにある畑は石灰質中心のテッラ・ビアンカ(石灰質)の土壌。 一方少し北のタッサローロにある畑は粘土質のテッラ・ロッサの土壌と、まったく異なる2つの土質で構成されているのです。
標高は約300mで平均樹齢は約35年!とかなり古く、中には80年を超える古木もあるそうです。 アグローノモ(畑管理責任者)のダヴィデ・フェッラレーゼ氏を中心にきっちりとした収量管理を行っています。
こうして丁寧に栽培、醸造されるステッラーリ・ベルガーリオ社のガヴィ。食前に最適なガヴィから1月まで陰干しして施されるコルテーゼで造る食後酒まで、意外!?ですが、フルレンジを生産しています。 このサッルヴィ・ガヴィは、スタンダードタイプのガヴィ。 タッサローロにある畑が中心。
平均樹齢30年の3ヘクタールの畑から収穫されたコルテーゼを使用して造られます。

緑の縁に淡い麦わら色。白い花やレモン等の柑橘、ガヴィの個性でもある青りんごの果実香。 フレッシュで豊かな果実味と心地よい伸びのある酸味が印象的です。 サッルヴィとは、『ガヴィの住人』を示す昔の呼び名に由来しています。
デイリーワインなので、、毎日のパスタや肉料理に気軽に合わせてお楽しみください♪

おすすめ商品