温かさを感じるソアーヴェ!おすすめです 【ラ・カップッチーナ】ソアーヴェ 750ml

1,944円(税込)

定価 1,944円(税込)

購入数
格付 ソアーヴェDOC
ブドウ ガルガーネガ100%
産地 ヴェネト州
平均樹齢 30〜40年
醸造・熟成 ステンレスタンク 5ヶ月、瓶熟 1ヶ月
アルコール度数 12%
特徴 辛口、ミディアムボディ

イタリアの白ワインの代名詞、ソアーヴェ。
ソアーヴェの印象を尋ねると、好き、嫌い、興味あり、なしと様々です。一時、良質のソアーヴェを探すのが難しい という時期があったことも事実。 それを打開しようという動きがあり、樽熟成をさせたりする重厚なソアーヴェな ソアーヴェが造られていきました。これはこれでよし!です。 が、振り返ってみると、ソアーヴェのよさって何? とさらに暗中模索!
ソアーヴェの良さとは、ミネラル感溢れる清涼感あるワインでは? という基本に立ち戻り生産されたのが、 この、ラ・カップチーナのソアーヴェ。 青リンゴを感じるデリケートな香、ふくよかな果実味。
うーん!ソアーヴェです! また、ガルガーネガ100%というのもこのソアーヴェの特徴。 ガルガーネガの実力も 感じるこのソアーヴェ! ぜひ、お試しください。

■ラ・カップッチーナ社■
1890年からこの地でワイン造りを開始したテッサーリ家。カップッチーナの名は、15世紀にカプチン派の修道僧が立てた教会を所有していることに由来しています。
現在は栽培家であるシスト、醸造家であるピエトロ、広報担当であるエレーナの3兄弟で運営を行っています。
いち早く収量制限の重要性に気づいた彼らは、この地で仕立てをグィーヨへ変換した最も進んだ生産者としても知られています。
また期を同じくして無農薬栽培の導入!彼らが目指す伝統品種の個性と生まれ育ったこの地の土壌の個性をワインに反映させるために必然の選択であったと語ります。醸造過程でも畑での作業の流れを受けて過度に技術による厚化粧をせず、よりブドウ本来の個性を生かせる手法をとるように心がけられています。例えばバリック熟成を行うソアーヴェでもバリックでなくトノーを選択する等、デリケートな酒質を大切にしているのです。

おすすめ商品