サルデーニャの清涼感溢れる白ワイン! 【セッラ&モスカ社】ヴェルメンティーノ・ディ・サルデーニャ750ml

1,296円(税込)

購入数
格付 サルデーニャDOC
ブドウ ヴェルメンティーノ100%
産地 サルデーニャ州
平均樹齢 -
醸造・熟成 -
アルコール度数 11.5%
特徴 やや辛口、ライトボディ

まさにバリュー!この爽快感でこの価格! モダンなサルデーニャを楽しめるワインです。
このワインの最大の特徴は、軽やかでありながら、トロピカルフルーツのような豊かな香りが満載なこと!
食前酒として、前菜やパスタ、魚、白身の肉料理・・・と、料理を選ばない、まさにデイリーワイン。おうち飲みワインの決定版!もちろん、アウトドアにももってこいのテイストです! しかも、ワイナリーはセッラ&モスカ。同社の代表的なワイン、マルケーゼ・ヴィッラマリーナという芳醇な赤ワインは、イタリアワインの評価本でも毎年、最高評価を得ているワイン。
そう、セッラ&モスカ社は、サルデーニャのトップワイナリーなのです。 ヴェルメンティーノというブドウの原種は、スペインが起源といわれています。特に地中海西部の土壌に適応し、今ではサルデーニャをはじめ、リグーリアやトスカーナで栽培されるようになりました。
そのヴェルメンティーノを使用して造られたワインがこの、ヴェルメンティーノ・ディ・サルデーニャです。 サルデーニャ島も古くからブドウ栽培、そしてワイン醸造を行ってきました。が、元来、サルデーニャのワインとは、おも〜いワインが伝統的なテイスト。 セッラ&モスカ社は、サルデーニャではじめて、現代、そして、国際市場に合わせて、且つ、サルデーニャの土着品種を使用し、飲みやすいワインを開発したワイナリーとして知られています。

■セッラ&モスカ社■
1899年創業
当時の有名な政治家、クィンティーノ氏の甥エルミニオ・セッラ氏とエドガルド・モスカ氏がアルゲーロの自然と大地に魅せられて、領主のヴィッラマリーナ家から土地を購入したのがセッラ&モスカ社の始まりです。
所有総面積は650ヘクタールでそのうちブドウ畑は500ヘクタール。これは自社畑としてはヨーロッパでも最大級の広さを誇ります。セッラ&モスカ社は、ブドウ畑の新しい管理方法と新しいワインを造るための技術の開発に力を注ぎ、その独創的な技術やノウハウによってサルデーニャ島全体のブドウ栽培とワイン醸造の発展に多大なる影響を与えました。

おすすめ商品