フレッシュ感と凝縮感を兼ね備えたファランギーナ主体の白ワイン 【テラーロ】ファランギーナ・ヴェンデミア・タルディーヴァ750ml

2,376円(税込)

定価 2,592円(税込)

購入数
格付 ロッカモンフィーナIGT
ブドウ ファランギーナ90%、ソーヴィニョン10%
産地 カンパーニア州
平均樹齢 10〜12年
醸造・熟成 ブドウは10月下旬〜11月初めに収穫。ソフトプレスと共に直ちに皮を取り除き低温で静置。約18℃に管理されたステンレスタンクで約15日間発酵。ステンレスタンクとボトルで6〜8ヶ月熟成。
アルコール度数 13%
特徴 辛口、ミディアムボディ

金色を帯びた濃い麦わら色。上品なパイナップルやバナナ、黄桃、バラやセージのフローラルでフルーティな香り。フレッシュでなめらか、ドライな味わい。嗅覚を満たす凝縮感が特徴です。

■テラーロ社■
テラーロ社は、ナポリがあるカンパーニャ州の最北端にあり、ローマがあるラツィオ州との州境付近に位置するワイナリーです。
オーナーであるテラーロ家の6兄弟は、2000年ものはるか昔からブドウ栽培が行われているこの土地とワイン造りを敬意を持って保護したいという想いから、1987年にワインと健康協同組合(Cooperativa Vino e Salute)を発足し、同時にワイナリーとしてテラーロ社を創業しました。
アグロノモ(農学者)で畑のスペシャリストであるルイージさん、エノロゴ(醸造家)のパスクアーレさんなど、兄弟の各人がそれぞれの能力を活かしてワイナリーを運営しています。
テラーロ社のホームページに書かれていた冒頭の一文を読めば、彼らがどんなワインを造りたいのかが伝わってきます。まるで詩人が書いたような美しい文章ですよ。
「ワインとは、過去、現在、そして未来を詰め込んだ宝石箱のようなものであり、この我々の土地の記憶である。ワインは、豊かな我々の文化が失われないように時の流れの中に降ろされた“いかり”であり、今この瞬間を生きる喜びを感じさせてくれる。」

背後の山はモンテ・カミーノ。北のロッカモンフィーナと南のモンテ・カミーノに挟まれるような山がちな地形にテラーロ社は位置しています。

おすすめ商品