アリアニコから生まれたワインへの愛情を表現したワイン 【モンテヴェトラーノ】コーレ・ロッソ750ml

3,780円(税込)

購入数
格付 カンパーニアIGT
ブドウ アリアニコ100%
産地 カンパーニア州
平均樹齢 -
醸造・熟成 9〜10月に収穫、ステンレスタンクでアルコール発酵、マロラクティック発酵を施し、マセラシオン28日間で、225リットルのフランス産バリック(新樽)で10ヶ月間、瓶内熟成6ヶ月間。
アルコール度数 14%
味わい 辛口、フルボディ
コーレとはカンパーニア方言でハートの意味。ラベルは今回もオーナーであるシルビア・インパラートの娘のデザインで、モンテヴェトラーノの精神である、人生、ワインへの愛を彷彿させています。
特別に試験栽培されたサン・チプリアーノの畑のアリアニコと、醸造家であるリッカルド・コッタレッラ氏と親密な関係にあるベネベント・クラッシコ地区の栽培者からのアリアニコで仕上げました。
深いルビーレッド色。リコリス、ヨード、レザーの印象をベースに赤いベリー系果実やスパイシーなアロマが香ります。
ローストしたラム肉やオッソブーコ、テンダーロインのグリル、熟成チーズと好相性。

■モンテヴェトラーノ社■
元々写真家であったオーナーのシルヴィア・インパラートは昔写真の顧客だったアメリカ人が大変なワイン好きであったことからワインの世界に興味を持つようになりました。
毎週ワイン好きが集まるワイン会でグラン・ヴァンを堪能し議論を重ねるうち、自分でもワインを作ってみたいと思い、会の仲間であったレンツォ・コッタレッラ氏に相談を持ちかけました。
そしてシルビアは当時無名であったレンツォの兄であるリッカルド・コッタレッラ氏を紹介されます。
さっそく2人は彼女の別荘にあった畑でワイン造りに着手します。出来上がったワインは素晴らしく、試しにロバート・パーカーJr.にサンプルを送ったところ『南イタリアのサッシカイア!』との賞賛を受け一気に世界中の注目を集めました。 土地のテロワールによって、従来のコッタレッラ・スタイルとは異なったエレガントで上質なボルドーを思わせる、まさにグラン・ヴァンと呼ぶにふさわしい仕上がりとなっています。

おすすめ商品